最新のお知らせ


学科の概要

知能情報システム工学科では、高度かつ広範なITスキルを備えた人材を育成し,学際的な教育・研究に取り組む機会を豊富に与えることを目的とし,基礎となる学問分野(数学,情報工学,電気電子工学)を共有し,ハードウェアからソフトウェアまで幅広い知能情報システム工学分野を網羅する学科を構成しています.これにより,将来の知能情報システム工学分野の進展に向けて,情報工学,電気電子工学を核とした学際的研究を主体的に推進する高度ITイノベーション人材を育成します.

知能情報システム工学科が輩出する人材像

知能情報システム工学科の概要

教育カリキュラム

知能情報システム工学科では,全人類にとって価値ある未来の情報社会を主体的に設計・構築できる高度ITイノベーション人材を育成するため,次の4つの方策をもとに教育課程を編成します.
  1. プログラミングを重視した高度IT教育カリキュラム
  2. 講義と演習・実験を適切に組み合わせた「手を動かす教育」
  3. AO入試(SAIL入試)と特別教育プログラム(先進知能情報システム工学実験)による,習熟度に基づいた早期少人数ラボワーク
  4. 幅広い知能情報システム工学分野の中でアイデンティティの確立をガイドするためのコース選択

学部1年次は,数学,情報工学,電気電子工学の教育に加え,将来の教育研究の動機づけとなる専門基礎科目を配置しています.特に,知能情報システム工学の基礎学問となる「プログラミング」や「電気回路」などの専門基礎科目には,対応する実験・演習科目を配置し,「手を動かす教育」を行います.また,これまでに情報工学科で実施してきたAO入試(SAIL入試)と特別教育プログラム(先進情報工学実験)を発展させ,入試区分によらず習熟度が高い学生には,早期から教員とマンツーマンでラボワークを行う機会を提供するなど,高度ITイノベーション人材の育成が可能な特別教育プログラム(SAILプログラム)を構築します.

学部2年次からは,学生が自らの興味・関心に基づいて,幅広い知能情報システム工学分野の中で確固たるアイデンティティの確立をガイドするカリキュラムパッケージ選択のためのコース分け(「数理情報工学コース」と「電子情報工学コース」の2コース制)を行います. 数理情報工学コースには,「オペレーティングシステム」「情報セキュリティ」「計算機ネットワーク」「コンピュータグラフィックス」など,計算機科学ならびに数理情報工学を指向する専門科目を配置しています. 電子情報工学工学コースには,「先端電子デバイス」「ディジタル電子回路」「通信工学」「サステイナブルエネルギー工学」といった高度情報社会の基盤となるシステムエレクトロニクス技術を指向する専門科目を配置しています.いずれのコースも,ハードウェアとソフトウェアの両面から,まだ世に無い知能情報システムを創り出すことを指向した教育・研究を行います. さらに,「人工知能」「パターン認識と機械学習」「ヒューマンインタフェース」「計測・制御工学」など,知能情報システム工学分野に広く共通する専門科目はコース共通科目として開講することで,知能情報システム工学分野に精通した高度IT人材を育成します.

学部4年次に卒業論文を実施する研究室の選択は,コースによらない配属とすることで,コースを超えた高度IT人材の交流を実現します.これにより,将来の知能情報システム工学分野の進展に向けて,情報工学,電気電子工学を核とした学際的研究を主体的に推進する高度ITイノベーション人材を育成します.

また上記に加えて,希望者は中学・高校の「数学」および高校の「情報」に関する一種教員免許状を取得するための教職課程を履修することが可能です.


知能情報システム工学科のカリキュラムツリー

教員・研究室紹介

知能情報システム工学科には,数理情報工学・電子情報工学分野を網羅する30を超える研究室があります.数理情報工学コース,電子情報工学コースのいずれのコースを選択した学生も,自らの興味・関心に基づいて自由に研究室を志望することが可能です.

部門※ 氏名 職名 研究内容紹介 研究室
S 金子 敬一 教授 プログラミング言語処理系の耐故障化や高速化、相互結合網の位相構造の設計や経路選択算法の開発、マルチメディア教育などに関する研究。 金子研
S 藤田 欣也 教授 遠隔共有仮想空間と音声チャット、触覚の遠隔伝送、仮想空間歩行、遠隔共同学習などバーチャルリアリティとオンラインコミュニケー ションに関する研究。 藤田欣也研
S 山井 成良 教授 インターネットアーキテクチャ、ネットワークセキュリティなど、インターネットを含む大規模(分散)システムの構成・管理・運用・評価に必要な技術の研究。 山井研
S 齋藤 隆文 教授 コンピュータグラフィックス、情報可視化、映像処理、形状処理など。特に、効果的な視覚情報伝達や、画像生成処理の新しい応用、美的な曲線曲面形状の創生を目指した研究。 齋藤研
S 並木 美太郎 教授 OS・言語処理系・ウインドウシステムなどのシステムソフトウェア、組み込みシステム、ネットワーク、WebComputing、並列分散処理、モバイル・ユビキタスコンピューティング、XML。 並木研
S 近藤 敏之 教授 生物の環境認知・運動学習メカニズムの構成論的解明とその工学応用に関する研究。知能ロボティクス、ブレインコンピュータインタフェース、リハビリ医工学。 近藤研
S 中川 正樹 教授 ヒューマンインターフェース、文字・図形などのパタン認識、日本語処理、手書きインターフェース、教育工学。 中川研
S 藤波 香織 教授 ユビキタスコンピューティング環境実現にむけた、実世界からの情報獲得(センシング、データ解析)と実世界への情報伝達手法に関する研究。 藤波研
E 清水 昭伸 教授 信号処理や人工知能に基づく高次元医用画像解析の研究と、これらの研究成果を応用した、胚子から成人までの様々な医用画像に対する診断支援システムの開発と評価。 清水昭伸研
E 長坂 研 教授 環境エネルギー工学、電力システム工学、再生可能エネルギー、エネルギー需要予測、電力自由化、マイクログリッド、スマートグリッド、省エネに関する研究。 長坂研
E 白樫 淳一 教授 原子を制御するナノテクノロジーを用いて、電子1個を操作するナノエレクトロニクスの研究。知能情報処理技術により支援された量子状態の制御に関する研究。 白樫研
E 涌井 伸二 教授 メカトロ機器のための制御理論開発とその応用研究。具体的に、ステージ、磁気軸受、アクティブ除振装置、振動センサを対象としたDSPによる制御技術の研究 涌井研
E 上野 智雄 教授 新材料・新プロセスの構築を中心とした、次世代デバイス基盤技術に関する研究。ラジカルを用いた薄膜低温形成、有機EL材料を用いた光電子デバイスの開発など。 上野研
E 宇野 亨 教授 電磁波逆散乱問題(物体形状同定、媒質推定、電磁放射源イメージング、遺跡探索レーダ)。移動体通信用アンテナ及び人体との相互作用。数値電磁解析法の研究。 宇野亨研
E 鄧 明聡 教授 熱電変換素子群の故障診断および故障耐性制御システムの構築、スマート材料によるアクチュエータとマイクロハンドなどの非線形補償に関する研究。 鄧研
E 田中 聡久 教授 信号処理の基礎研究(基礎信号処理、統計的信号処理、適応信号処理)。ブレイン・マシン・インタフェースや神経科学のための脳信号処理。各種分野への応用。 田中聡久研
言語 篠原 和子 教授 認知言語学、メタファー理論(概念メタファー、イメージメタファー、メタファーの身体的基盤)、空間認知と言語。
数学 原 伸生 教授 正標数の代数幾何学と可換代数。とくに、正標数に固有のフロベニウス射の振る舞いを用いた代数多様体とその特異点の研究。
S 宮代 隆平 准教授 数理計画、離散最適化、アルゴリズム、数理工学、実社会に現れる最適化問題の数理モデリングおよび最適化。 宮代研
S 藤田 桂英 准教授 マルチエージェントシステム、人工知能間協調および交渉、自然言語処理、データマイニングを中心とした人工知能およびそれらの社会応用に関する研究分野。 藤田桂英研
S 中條 拓伯 准教授 計算機アーキテクチャ、並列処理、高性能プロセッサ、LSI設計、システム設計、ハイパフォーマンスコンピューティング。 中條研
S 田中 雄一 准教授 グラフ信号処理や機械学習などの複雑・大規模データ解析の基礎理論。また、センサネットワーク、画像処理、地理情報システムへの応用に関する研究。 田中雄一研
S 山田 浩史 准教授 オペレーティングシステム、仮想化技術、並列分散処理システム、システムソフトウェアに軸足を置いたクラウドコンピューティングおよびディペンダブルコンピューティング。 山田研
S 堀田 政二 准教授 画像やビデオ等のマルチメディアコンテンツの検索や認識に関する研究。クラスタリングを利用した大量のデータの効率的なブラウジング手法に関する研究。 堀田研
S 清水 郁子 准教授 コンピュータビジョン、ロボットビジョン、3次元画像処理、画像処理の基礎技術とそれを応用したシステムなどに関する研究。 清水郁子研
S 渡辺 峻 准教授 情報理論の観点による情報通信や情報セキュリティ技術に関する理論的な研究。 渡辺研
E 藤吉 邦洋 准教授 VLSI(超大規模集積回路)設計に応用される組合わせアルゴリズム論、及びVLSI設計用CADの開発。特にメタグリッド方式の基礎理論とその応用開発研究。 藤吉研
E 飯村 靖文 准教授 フラットパネルディスプレイに関する研究開発。特に液晶ディスプレイを中心に研究を進める。その他有機材料を用いた発光素子、アクティブ素子等の研究開発。 飯村研
E 有馬 卓司 准教授 計算機を用いた電磁波の振る舞いを高精度にシミュレーションする手法の開発に関する研究。この技術をもとにした電磁波に対する新媒質の開発に関する研究。 有馬研
E 瀧山 健 准教授 身体運動学習・身体運動制御の脳内機構の解明と、効果的なトレーニング方法の検証。数理モデルの構築、行動実験、単純な機械学習を主な研究手法としている。 瀧山研
E 鈴木 健仁 准教授 テラヘルツ波帯アンテナ、テラヘルツメタマテリアル、超高感度偏光計測、極限屈折率材料、テラヘルツ波超高速無線通信システム、テラヘルツ応用システムの研究。 鈴木研
E 梅林 健太 准教授 高効率かつ高信頼な無線通信及びネットワークのための信号処理、ネットワーク・リソース制御法、スマート・コグニティブ無線技術の研究開発。 梅林研
E 久保 若奈 准教授 光制御を実現するプラズモニック・メタマテリアルを利用し、太陽電池や光熱電変換デバイスなど、光機能性素子およびデバイスを開発する。 久保研
E 張 亜 准教授 半導体量子ナノ構造、ナノメカニカル構造、単電子トランジスタ、量子情報処理デバイスなど。次世代エレクトロニクスの解体に向けた基礎物理とデバイス応用の研究。 張研
言語 宇野 良子 准教授 自然言語のダイナミズムの認知言語学的分析(時制・様相・新造語・擬態語等)と、人工言語を用いた進化言語学的実験を通じた、文法による視点追跡・共有の機構の研究。
言語 飛嶋 隆信 准教授 技術や社会と造形芸術との関係、芸術における「近代性」の問題、現代生活におけるイメージやデザインの研究。
言語 岡野 一郎 准教授 社会情報学、社会システム理論、コミュニケーション論。
数学 村田 実貴生 准教授 微分方程式の離散化と超離散化およびその解析。超離散化の手法による可積分セル・オートマトンの研究。パンルヴェ方程式とその拡張の研究
※教員は部門に所属しています.S: 先端情報科学部門,E: 先端電気電子部門,言語: 言語文化科学部門,数学:数理科学部門

入試情報

アドミッションポリシー

知能情報システム工学科では,以下の素養を備えた方を幅広く受け入れます.
  1. 先端的な情報システムの構築,知能情報技術の創出など,新しい情報システムを創り出すことに関心があり,最先端技術の研究者・技術者としてグローバルに活躍したいという意欲を持つ者.
  2. 数学・物理学等の理数系基礎科目ならびに英語・国語等の基礎科目に十分な学力を有している者.

学部入試

入学定員 120名
入試区分 募集人員
一般入試: 前期日程 65名
一般入試: 後期日程 43名
特別入試: SAIL入試 7名
特別入試: 推薦入試 5名
特別入試: 帰国子女、私費外国人選抜 若干名

第3年次編入学入試

新学科の学年進行により,2021年度より受入予定です.
入試区分 募集人員
第3年次編入学(推薦,学力) 20名

学科パンフレット